血統アナリスト競馬予想プロ版/北海道の日高で幼少期から馬と共に育った血統アナリストの米田勉がサラブレッドの本質である血統を中心とした予想を配信します

Welcome to My Web Site!!

Add on 28/02/2014

image sample

TOEIC初挑戦で980点を取った秘密を公開しています。
禁断のTOEICに特化した勉強法を暴露!!
期間限定・無料でメール講座をプレゼント中!!
無料メルマガに登録する


TOEIC 教材

映画をレッスンに取り入れている英語学校も多いそうです。
字幕なしで映画を見ることで、リスニング力を鍛えようというわけです。

これはとても良い方法です。
映画には日常会話に使われている生の英語がつまっているからです。
ニュースなどの固い英語ではなく、ネイティヴが普段使っている英語の触れることができるのは映画のいいところです。

ところが、シリアスなドラマ系の映画にもコメディ系の映画にも、意外と難しい単語や聞きなれない表現が多く登場して、理解するのは簡単ではありません。

アクション映画などを見てみれば、会話そのものはやさしいことが多いのですが、そもそも会話の量が少なくて、映像だけ見ていればストーリーも分かってしまうということが多いのです。

そこでオススメなのがディズニー映画です。
ディズニー映画は会話の量と質のバランスがとてもよくとられているからです。
このバランスは英語の学習には不可欠な要素です。

ディズニー映画は大人も子供の楽しめるように作られています。
このために会話に量は子供には分かりやすいように、大人が退屈しないように絶妙に工夫されています。

会話の質も同様です。
子どもにも分かりやすくということに配慮されているので、極端に難しい表現は出てこないのです。
これは英語初心者にも嬉しいことですよね。

そして何よりストーリーが魅力的ということです。
いかに会話の量と質が優れていても、内容がつまらなければ見る気が失せてしまいますよね。
ディズニー映画はこれらの条件をすべて満たしている、初心者にも使える、まさに理想的な英語学習ツールと言えるでしょう。